おでかけ情報 ~名古屋城の段 其の参~

修行場所

皆々様、息災か?

水蓮じゃ!

 

『名古屋城の段』の続きをお伝え致しまするぞー!

此度は其の参!じゃ!!

 

卍=卍【名古屋城の段 其の弐】は此方 卍=卍

 

卍=卍=卍=卍=卍=卍=卍=卍=卍=卍=卍

 

きしめん亭を後にし、ずんずんと進んで参ると橋が現れまする。

これは本丸表二之門(おもてにのもん)と呼ばれる門でござる。南二之門とも呼びますの。

実はこの門の橋の下には空堀があるんじゃが・・・・・

この堀には鹿がおりますぞ(?!)。
堀の中で放し飼いにされとるゆえ、草葉の陰に忍んどることもしばしば・・・・・
鹿達の気分次第で姿を見られるかもしれませんな!
ちなみに写し絵のとおり此度は見えなんだ。残念じゃ~。

 

門をくぐりずずいっと進みますると、立派な石垣も傍で見る事が出来まする!

石垣の石をよく見ると・・・・・

あ~んな刻印とか

こ~んな刻印とか

色々な形が刻まれておりまする。

刻印って?
石垣を作るのに携わった大名の家紋(文字や記号等)を刻んだものでござる。
「此の石ぞ、我が家が持ってきもうした!(要約)」という事を表しとりますぞ!

どんな種類の刻印がござるか、探してみても楽しいやもしれませんな!

 

更にずいずいずい~~~っと進みますると、名古屋城の目玉の一つ・・・・・

本丸御殿じゃーーーーー!!!!!

本丸御殿とは?
ざっくり申すと・・・えらーーーーいお殿様が寝泊まりするための邸じゃ。
中はどえらいきんきらきん、豪華絢爛、格式が高こうござる。
昔々戦で焼けて無くなってしもうたけれども、幸いな事に邸を建てるための情報が残っとったで、現世においてもう一度建て直されたんじゃ。江戸の世ではお殿様と側近の者しか入れなんだけれども、今は皆様にも邸内をご覧いただけますぞ!

こちらが入口でござる。
本丸御殿に入る前には、ちいと邸内の掟についてお話があるそうだで。
先に見える“白い屋根”の関所で、係の者の案内を聞いた後に入ってちょ!


ちなみに本丸御殿内では乳母車が使えんのじゃ。
本丸御殿入口横んとこの立て札前にて預かってくださるで、係の者に確認してくださりませの!

そして本丸御殿の中は・・・・・お主の眼で実際に見るとええ!!

 

本丸御殿を出て、更に先に進みまするぞ!

するとそこには・・・・・・・

 

でで~~~~~~~~ん!!!!!!!

 

 

次回『名古屋城の段 其の肆』へ続く!

 

此度はこれにて!

 

 

 

 

卍=卍【名古屋城の段 其の肆】は此方 卍=卍

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました